資料請求 来場予約 物件概要 現地案内図

DESIGN全体計画

外観完成予想図

受け継がれる愛着の山の手に、語り継がれる現代の名邸を。駒込染井 MASTER PIECE 受け継がれる愛着の山の手に、語り継がれる現代の名邸を。
駒込染井 MASTER PIECE

外観完成予想図

山の手の静謐な邸宅街の景観美と調和するように、シックで落ち着いた色合いを基調としました。木調縦格子のマリオンをアクセントとし、上質さと安らぎのあるデザインを追求。上層部は瓦屋根を思わせる色調と質感のルーフとし、かつての下屋敷を思わせる格調を漂わせています。またフロア間を隔てる庇などにより水平ラインを強調し、圧迫感を軽減。上質な素材と精度高く仕上げた誇りある佇まいは時代に流されることなくこの地に輝きつづけます。

住まいはそれ自体が文化という地層から芽生え、育った一棟の大樹なのかもしれません。 山の手・駒込、御屋敷の空気感が今も漂うこの街に。現代の下屋敷とも呼びたい、格調と遊び心とよき手記を備えた邸宅を。 この駒込の地に、この広い青空に、まるで昔から葉を茂らせていた樹のように。愛され、語り継がれる邸宅であることを願います。

住まいはそれ自体が文化という地層から芽生え、育った一棟の大樹なのかもしれません。
山の手・駒込、御屋敷の空気感が今も漂うこの街に。現代の下屋敷とも呼びたい、格調と遊び心とよき手記を備えた邸宅を。
この駒込の地に、この広い青空に、まるで昔から葉を茂らせていた樹のように。愛され、語り継がれる邸宅であることを願います。

外観完成予想図
  • 二丁掛けタイル
  • 大判タイル
  • 木目調タイル
  • サンドセラミック調
    装飾仕上塗材

自然の風合い 自然の風合い

上質さと爽やかさの両立。
歴史的な景観と調和した佇まい。

「染井吉野」発祥の地としての伝統と、新しい美を生み出してゆく進取の気風。そんな「駒込」にふさわしい、上質さと爽やかさを併せ持つ住まいの創造を目指しました。インプレスト駒込染井はタイル貼りの重厚感ではなく、土壁のような温度を感じる壁面など自然を感じられる素材を使用。縦格子の再生木ルーバーは伝統的な情緒を醸し出し、現代的でありながらも周囲の歴史的な面影を残す景観にも調和します。柔らかさもありながら、建物自体の量感が安心を感じさせるデザインとなっています。

エントランス(月夕口)完成予想図

ふたつの表情 ふたつの表情

月夕口Gessekiguchi[エントランス]

邸宅の顔となるエントランスには、華美な装飾を施した豪華さではなく、歳月を経ても飽きのこないシンプルで洗練された表情を創出しました。柔らかな光に浮かび上がる木目、緑、ガラスの美しいコントラストが、帰り着く方々を温かく迎え入れます。

サブエントランス(花朝口)完成予想図

花朝口Kachouguchi[サブエントランス]

重厚な庇と大きく開かれた門構えが印象的なサブエントランスには、「インプレスト駒込染井」のシンボルツリーとなる「染井吉野」を植樹しました。薄紅色の美しい表情に加え、夜間にはライトアップされ、日中とは異なる優美な姿が浮かび上がります。

エントランスホール(花鶯之間)完成予想図

永く、愛着の山の手生活を愉しんいただける上質さを。 永く、愛着の山の手生活を
愉しんいただける上質さを。

花鶯之間kaounoma[エントランスホール]

黒のガラスフレームと木目の壁面が、スタイリッシュな空間を演出するエントランスホール。サブエントランス側に配したベンチは、桜を望むことができるラウンジスペース。さらに壁に設けた3箇所の開口から、植栽を愉しむこともできます。外部の風景を間近に感じながら、私邸に相応しい心休まる時間が流れています。

AXIS
ビジネス・デベロップメントグループ
デザイナー 一級建築士

目黒 大輔

デザインのある生活と社会の実現を目指し、東京・六本木AXISビルを拠点に、優れたデザインを社会に広めていく活動を行っている。建築、インテリアなど空間におけるリサーチからコンセプト開発、デザインに至るまで一貫して携わり、住空間の他、美術館や博物館、企業ショールームなど、手がける物件は多岐にわたる。グッドデザイン賞、DSA Design Award等を受賞。

いたずらに華美に傾くのではなく、
ベーシックな要素の質にこだわる。

「駒込」には「染井吉野」発祥の地としての誇りを源として、住まう方それぞれが伝統を重んじ、暮らしの質を高めていく、そんな感性が自然な形で根づいているように感じます。住まいを描く上でも、いたずらに華美を競うのではなく、上質・快適・安心性といったベーシックな要素にこそこだわり、永くこの山の手の生活を愉しめる住まいを目指しました。

時代に流されない、
いわば地に足ついた佇まい。

佇まいは、深い歴史のある地にふさわしく、時代に流されることのない、品のある落ち着いたイメージにしました。いわば「地に足ついた上質さ」です。外壁には周囲の落ち着いた街並みに調和するアースカラーと、自然を感じられる素材を厳選して使い、強く主張することを避け、圧迫感も軽減した、馴染みやすい表現となっています。飽きの来ない空間デザインをこころがけたエントランスには、帰るたびにほっとする柔らかな印象を持っていただけるはずです。

植栽計画は東西両面、
ふたつの考え方で構成。

植栽に関しては、街の人も愉しめる西側の植栽帯と、住まう方が愛でる東側のプライベートな庭園というふたつの考え方で構成しました。通りに面した植栽帯には「染井吉野」やツツジを使い、行き交う人々が少し立ち止まって彩りを愉しめる庭として意識的に作り込んでいます。サブエントランスのある東側には、自分たちで育てて毎年の愉しみをつくるような一本桜を設けました。ふたつのエントランスをはじめ様々な変化に富んだ植栽を愉しんでいただけます。

※掲載のインタビューは、平成29年3月に行ったものです。

桜花の系譜。 桜花の系譜

ランドプランイメージ インプレスト駒込染井 染井よしの桜の里公園 徒歩1分(約60分)
  1. 染井門Someimon

    駐車場・バイク置場出入口

    シャッター付の駐車場・バイク置場出入口は大名屋敷の表門を思わせる豪壮さと現代建築の美が融合した門構え。愛車を守るとともに、スムーズな出し入れが可能です。駐車場は13台分確保しています。さらにゲート外に平置きの多目的駐車場(来客、宅配レンタカー、宅配業者用)をご用意しています。

    染井門完成予想図
  2. 翠風小路Suifukoji

    サブアプローチ

    「翠」とは、緑の宝石の意。宝石のような緑鮮やかなオリーブが目にやさしい小路は、ただの通路ではなく歩くことを愉しむ空間です。

    朱雀Suzaku

    EV1

    玄武Genbu

    EV2
  3. 標櫻Shirubezakura

    シンボルツリー

    「インプレスト駒込染井」のシンボルツリーとなる「染井吉野」。住まう方とともに歳月を重ね、春の訪れを寿ぎ続ける「標櫻」が、皆さまの幸せの標となります。

  4. 月夕口Gessekiguchi

    エントランス

    花朝口Kachouguchi

    サブエントランス

    「駒込」駅・「巣鴨」駅、どちらの駅に行くのにも便利なダブルエントランスを採用。ナチュラル・テイストな西側エントランス、クラシックな風合いの東側サブエントランス、それぞれ異なる表情が佇まいの魅力を豊かにしています。

    花鶯之間kaounoma

    エントランスホール

    やさしい木肌の壁、外の緑と敷石の姿をまるで一幅の絵のように映し出すガラス窓、さりげなく取り込む陽光。穏やかな時間が流れる風雅なエントランスホールです。

植栽計画 植栽計画

  1. みらいよしの

    「染井よしの桜の里公園」と連なる敷地東側には、豊島区から譲り受けた染井育ちの「染井吉野」を植樹(予定)。全国でも希少な発祥地育ち、いわば「染井吉野」のなかの「染井吉野」と暮らしをともにする、ここに住まう方だけの贅沢があります。

    みらいよしのimage

    富貴垣Fukigaki

    主にシラカシとフッキソウ(富貴草)で構成されたスペース。「フッキソウ」の花言葉は、吉事、祝意。陰ながら住まう方の幸せを祝続けます。

  2. 花雲廊Kaunrou

    南北に伸びた敷地形状を活かし、「染井吉野」が連なる通りを形成。いつもは静かな奥まった路地が、春の訪れのたび、知る人ぞ知る桜の名所へと様変わりする、プライベートな「花の小径」を形成しました。

    外観完成予想図

    紅緑亭Kouryokutei

    落葉樹のカツラや常緑樹のトウヒをメインに、シャクナゲやシラカシ、フイリアオキが目を愉しませてくれます。

発祥の記憶を今に残す、
桜の回廊の一画に誕生。
「染井よしの桜の里公園」隣接。

豊島区は2009年に「染井よしの桜の里公園」と「門と蔵のある広場」をオープン。「駒込小学校」や「西福寺」「染井稲荷」と連なり、桜の回廊を形成しています。「インプレスト駒込染井」はその桜の回廊の一画に誕生します。「山の手」であり「花の手」、駒込染井の花やかな歴史を継承する憧憬の地を手中にできます。

染井よしの桜の里公園(徒歩1分/約60m)

四季を彩る、
すてきな名脇役たち。

敷地をぐるりと巡るように美しい花や緑を植栽しています。四季それぞれ異なる彩りと潤いに心が弾みます。

image photo
  • オリーブオリーブ
  • シャクナゲシャクナゲ
  • シマトネリコシマトネリコ
  • キリシマツツジキリシマツツジ
  • ヤマボウシヤマボウシ
  • ハナミズキハナミズキ

プランニング プランニング

エレベーター2基

住戸構成を考え抜き住まう方の暮らしやすさを追求した結果、35世帯に対しエレベーターを2基設置しました。

独立性・プライバシー性が高い両面バルコニー住戸。

両面バルコニー住戸はどの居室も共用廊下と接しておらず人が通らないため、独立性が高くプライバシーを保てます。

4階平面図イメージイラスト 両面バルコニー住戸 エレベーター2基 採光 通風